虚無


虚無好きな人のところに居るのに、喜びやワクワクを感じなくなってしまった。
そう認識したとき
「自分の気持ちなんてこの程度だったんだろうか」
と思いました。

彼を思い始めてまだ数ヶ月。
それでも私なりに彼を見つめてきましたし、この感情を育てて自信がもてるようになった時
私の方からそれを伝えても良いかな・・・と考えていたというのに。

彼と一緒に居る時間全てが愛しくて、その瞬間を忘れたくないと思っているのに
妙な虚無感が襲うのです。

それが恋心の終焉なのかもしれないと感じ、少し距離を置いてみた時期もありました。
しかし、どうやら虚無感はあるけれど恋愛感情が無くなったわけでもなさそうでした。

少し離れたところから見る彼をやはり私は愛しくて、近づきたいと思って居たのです。

私が抱いていた虚無感は、結局「心が走りすぎた」がゆえのものだったようです。
じっくり構えているつもりではあったのですが
実際にはかなり頑張って走っていたのかもしれません(苦笑)

もっとフラットに。そう何度も自分に言い聞かせた時
少しずつテンションが元に戻っていくようになり、恋愛の意欲も再びわいてきたのです。

2人の顛末はというと、私から告白・・・ではなく、彼のほうから告白をしてくれてお付き合いをする事になりました。